新連載第2弾!



文● 和田真帆  Maho Wada 美術ライター

■第4回ベルリンビエンナーレ
 会期
:2006年3月25日〜6月5日
(予定の会期5月28日から延長)
 会場:アウグスト通り(KW現代美術センター、旧郵便局の厩、教会、旧ユダヤ女学校、ダンスホール、ギャラリー、通りに置かれたコンテナ、個人住宅、墓地)


第四回

〈第4回ベルリンビエンナーレ〉

回帰的な設定がかえって意識させたもの(前篇)

和田真帆(わだ まほ)
1970年生まれ 千葉県出身。武蔵野美術大学短期大学部空間デザイン科卒業。92年〜ドイツ在住。ベルリンフンボルト大学演劇学科、ベルリン自由大学美術史科修士課程修了。2005年秋、ドイツのAVINUS出版社から北野武映画論『Stille und Gewalt (静寂と暴力)』を出版。
現在は美術家・原高史の"signs of memory"プロジェクト運営を担当し、ドイツと日本を拠点に活動。。

第一回
第二回

第三回
第五回
第4回 (2006年)8月31日








“ベルリンの壁”崩壊後のドイツ美術
文●和田真帆 Maho Wada 美術ライター






























“ベルリンの壁”崩壊後のドイツ美術
文●和田真帆 Maho Wada 美術ライター

































“ベルリンの壁”崩壊後のドイツ美術
文●和田真帆 Maho Wada 美術ライター
































“ベルリンの壁”崩壊後のドイツ美術
文●和田真帆 Maho Wada 美術ライター





■“誕生、喪失、死、降伏、悲嘆、ノスタルジー”がキーワード

 2006年5月末、ベルリンではサッカーワールドカップに向けて、アートなども含むさまざまな関連イベントが催され、またベルリンハウプトバーンホーフ駅(ベルリン中央駅)のオープニングが行われるなど、街全体が盛り上がり始めていた。
今回のロゴ


 そんな中、私は会期終了間近の〈第4回ベルリンビエンナーレ〉の会場をまわっていた。私同様、まだまだ駆け込んでやってくる人たちも多く、順番待ちをするところなどもあり、会場となったアウグスト通りは久しぶりにアート愛好家たちで賑わいを見せていた。

 今回のキュレーターチームは、アーティストのマウリツィオ・カテラン、キュレーターのマッシミリアーノ・ジョーニ、キュレーターであり評論家であるアリ・スボトニク。この3人が今回ベルリンビエンナーレに選んだタイトルは“von Mausen und Menschen (of Mice and Men)“ −ハツカネズミと人間−。これはスコットランドの詩人ロバート・バーンズの詩「ハツカネズミ」が元となって生まれた、ジョン・シュタインベックの生と死への基本的な問いをテーマにした戯曲「ハツカネズミと人間」から拝借したものだという。人は生まれ、生きて、そして死ぬという生についての単純な要素に視点を当て“誕生、喪失、死、降伏、悲嘆、ノスタルジー”がキーワードとなり、ビエンナーレの作品全体につながりを持たせている。
展示に使われたコンテナ


 今回の展示会場となったのは、ミッテ区にある920メートルのアウグスト通り中央に位置するKW(クンスト・ヴェルケ)現代美術センターを含む、この通りに点在するいくつかの建物、空間だ。旧郵便局の厩、教会、旧ユダヤ女学校、ダンスホール、ギャラリー、通りに置かれたコンテナ、現在も住民が住んでいるいくつかの個人住宅、そしてこの通りの終わりに位置する墓。これら廃墟となっているものや、現在も使用されている空間自体が、それぞれ人間の一生の、その節目節目を象徴するものだ。

 KW、ガゴシアン・ギャラリー以外はいわゆる“美術展の会場”としては普段機能していない場所である。ベルリンでは壁崩壊後、廃墟や空き家、また個人の住宅、公共施設などを展示会場として活用する、ということが多く行われていた(過去3回の連載でも何度も強調していることだ)。しかし商業ベースの定着化と反比例して、こういったスペースでの展示が減少しているのが現状だ。
今回のビエンナーレだが、あえて“ベルリンアートシーン”の原点に戻った会場設定になっている、ということで、特に最近の商業ベースに乗ってしまった“ベルリンアートシーン”に物足りなさを感じているアート愛好家たちの間で、この懐かしさが大いに評価された点であった。
旧ユダヤ女学校


 通りの中央に位置するKW、そしてその向かいに建つ旧ユダヤ女学校がメイン会場となっていた。ベルリンでも平面の作品がギャラリーで多く扱われるようになったが、ビエンナーレでの展示作品はインスタレーション、映像、写真、パフォーマンスなど。平面の作品は相変わらす乏しい。
KWは唯一の“ホワイトボックス”であった。ブルース・ナウマンのビデオインスタレーション、トーマス・シュッテの彫刻など約20作品が展示され、他の展示会場に比べ、すっきりと“まとまった”感、いわゆる見本市的印象はぬぐえない。

■個々の作品について

 ●旧ユダヤ人女学校
旧ユダヤ女学校の中

 KWの向かいに建つ旧ユダヤ人女学校は、このビエンナーレで最大の展示会場となっていた。建物自体に強い個性があり、作品全体に重く、暗い影を落とす。社会主義時代のものであろう新聞の切り抜きやポスター、さまざまな時代に描かれたグラフィティー、捲れあがった壁紙、いく層にも塗られた塗装が剥げ落ち、さまざまな時代の“色”が見える壁――あえてそれらがそのままの状態で作品の背景として取り込まれている。
ポール・マッカーシーの作品



 建物の外からもすでにバーン、バーンという威圧的な音が鳴り響いていたポール・マッカーシーの『Bang-Bang Room, 1992』。ホール(または小体育館)であったと思われる空間いっぱいに設置された回り舞台のようなインスタレーションは、突然次のシーンに場面転換されるかのごとく動きだし、回転とともに容赦ない速度で四方の壁、ドアが閉じられてはバーンと弾かれるのだ。



ヴィクター・アリムピーヴの作品から

 ヴィクター・アリムピーヴは、教室の女子生徒たちが一斉に机を叩き、また瞬時にその手を口に当てるというシンボル的な動きを映像作品にした。映像に映し出される無邪気な表情の少女たちと、机をたたく音と爆撃の映像が重なり合い、その次の瞬間訪れる静寂――。消えていったユダヤ人少女たちの笑い声とその背景をアレゴリーする作品だ。

 アンリ・サラの映像作品『time after time』(2003)。そこには、固定されたカメラから捕らえられた不可思議なシーンが映し出されている。薄暗い画面を凝視すると、車道に佇む一頭の馬が見える。静止画かと思った瞬間、通過する車のライトで、暗闇から馬の姿がはっきりと浮かび上がる。再び来る暗闇。車が通過するたびに浮かび上がる一頭の馬。馬はかすかに足を持ち上げるだけで、いつまでもそこに佇んでいるのだ。

 アーティストの故郷であるアルバニアの首都ティラの国道で撮影されたこの作品は、静寂な中に、政治性、社会性を含んだ力強い作品だ。

 ●個人住宅

 いくつかの個人の住宅が展示会場となっているが、その中の一人アネータ・グルツェスコブスカの作品は、実は一度見過ごしてしまった。アウグスト通り23番アンティーク家具修復家のゲストルームにその作品はあった。この部屋の所有者の“作品”である18、19世紀の農家で使われていた家具や、そのほかにもいくつか丁寧に修復されたアンティーク家具がセンスよく配置された部屋にダミアン・オルテガの振動するテーブル、ベッドと共に机の上に置かれた一冊のアルバム。それが作品だったのだ。今回のビエンナーレのポスターにもその中の一枚の写真が使われた。

 一見するとなんら普通の家族アルバムと変わらない。アーティスト本人の成長過程を記録したアルバムであろう。しかし何枚か写真を見ていくと、そこになにかが足りないことに気づく。精巧に細工された一枚一枚の写真。そこには主人公であるはずのアーティスト本人の姿が不在なのだ。ポーランド出身のアーティストがテーマとするのは現実と虚構だ。

 
     
アネータ・グルツェスコブスカの作品         ジェレミー・ディラーの作品から











“ベルリンの壁”崩壊後のドイツ美術
文●和田真帆 Maho Wada 美術ライター




 ●旧厩

 過去のベルリンビエンナーレでは、アウグスト通りから程近い場所に位置する旧郵便(積載、輸送)局の大きな建物がKWと共にメイン会場となっていたが、今回その建物は使われず、同じ敷地内に建つ旧厩が展示会場となった。ここでは3人のアーティストの作品が展示されていた。

 奥から聞こえてくるのは明るくテンポのよい、しかしどこかメランコリーなメロディー。ジェレミー・ディラーのドキュメンタリー作品『第四回ベルリンビエンナーレのテーマ曲』だ。

 アウグスト通りで制作したこの曲を奏でるのは、4人のおじさん楽団“Klezmer chiesch”。Klezmerは東ヨーロッパのユダヤの民族音楽を示す言葉で、彼らは旧ソ連から亡命した東欧ユダヤ人だ。アウグスト通りでKlezmer音楽学校を主宰し、ベルリンを拠点に活動を続けている。それにしても本当に楽しげに音楽を奏でる。タイトルからも読み取れるように、アーティストと楽団のコラボレーション、信頼関係あってのドキュメンタリー作品だ。



Copyright (c) 2006 Art Village All rights reserved.