web展評
 web展評 目次

VOCA展2003
現代美術の展望ー新しい平面の作家たち



<VOCA展2003>を見て
VOCA賞に津上みゆきさん、VOCA奨励賞に大谷有花さん、岩城直美さん、小野博さん、中ザワヒデキさん

文●松浦良介
Ryosuke Matsuura 「てんぴょう」編集長
■VOCA展2003
現代美術の展望ー新しい平面の作家たち
3月14日〜30日
上野の森美術館
台東区上野公園1-2
03-3833-41914

 10回目を迎えたこの展覧会も、次々と他の企業メセナが消えていく状況も手伝い、新人美術家にとっては重要な存在となった。コンクールは美術家にとっては、自らの活動に勢いをつけてくれるものでなければならない。そのために、高額な賞金は当然だが、広報やその後の展覧会の企画も主催者には期待される。それらの点も、充分にクリアーされている。

 まず今回触れておきたいのは、田中功起さんの映像作品が出品されているということ。このことについて審査員の講評を読むと、「最終的には、明確な除外規定がない以上、映像作品も他の出品作と同等の資格で対象とされるべきという結論に落ち着いた」(高階秀爾)、とある。しかし、「この手の仕事を今後、どう扱うかだけれども、もっと限定したほうがいいような気もする。規定にそうといったって、それは物理的な解釈だ。写真なども含めて映像一般については考え直す時期にきていると思う」(酒井忠康)、「映像作品との接点も含めて“ある程度”のあいまいさを抱えていることの方が、絵画の状況にとってより自然なのではなかろうか」(建畠晢)と、審査員の間でも意見が分かれたようである。
津上みゆき 「View,Sep-Nov,02」
 VOCA賞受賞


 ただ、今まででも絵画やそれに類似するような表現をしてこなかった美術家が、この展覧界用に、といったら言いのだろうか、文字通り“平面的な”作品を出品した例はあった(高柳恵理、やなぎみわ、中沢研)。また、写真の出品は当たり前のように毎回あるわけだし、映像作品がでたところでいまさらなにを騒ぐ、という気もする。

 VOCAは副題として「現代美術の展望―新しい平面の作家たち」とある。“平面”という言葉が、きちんと定義されずに定着してしまった美術全体の状況、そしてこのコンクールも物理的な規定のみでその言葉の解釈は推薦者に委ねられている状況が、今回のような事態が引き起こしたのであろう。今後“絵画”としてコンクールをしていくのか、主催者は一考を要する。“平面”として続けていくなら、推薦者のその言葉の解釈によっては、多くの映像や予想を超える“平面”な作品が登場するに違いない。どんなコンクールも、その規模や内容に関わらず、賞を与える限り何かしらの主観の主張に他ならない。ならば、“平面とは〜である”といった主張がされてもいいと思うのだが。
岩城直美「View-Red Roof-」 VOCA奨励賞受賞


 このような状況の中で、大賞である賞に、津上さんの作品が選ばれたのは、「結局オーソドックスな絵画が選ばれるのか…」といった、作品の質とはまったく違うところでの憶測をよんでしまう危険がある。映像も写真もまあいいんじゃない、というようなコンクールの顔が見えない雰囲気が会場に漂う中、数十人の出品作家だけがどこか欲求不満になってしまうのではないだろうか。美術家は決して、評論家や学芸員の主張のために使われるコマではない。冒頭で述べたように、美術家にとってコンクールという場所は、今後の活動という現実を左右する切実な場所なのだ。作品の質が問われにくい状況だけは回避せねばならない。

 最後に、個人的に気になった作品にふれておく。津上さんの作品は、一貫して風景をテーマに、その卓越した色彩感覚と独自の絵画構造が見事に結びついた作品を発表し続けてきた。今回も同様に完成度の高い作品であった。色彩はより濃密になり(今回の出品作に限って言えば、やや濃密すぎるか?)、さらにその奥からさまざまな形が現れては消えていくような奥深さも感じさせられた。画家が体験し積み重ねてきた小さな風景の断片が、一気に大画面に開放され絵画として立ち上がり広がっていくのだ。あくまでも個の体験にこだわり、最後に絵画という公に突き抜けていく力がさらに増している。
岩城直美「View-Barn-」


 奨励賞の岩城さんも風景がテーマ。特に眼をひく色彩や派手な構図もない最小限の要素のみで、自らの絵画観を伝えるような作品。実は岩城さんの作品を今回初めて見たのだが、画家自身が考えている絵画観なども知りたくなるような魅力があった。

 私自身は、美術作品というのは詩を読むようなものだと思っている。小説なら結末までの流れを追うのだが、それは詩にはない。記憶の底に沈んだり、そして浮かび上がってきたりするのを、延々と楽しむのだ。そういった2作品に出会えたのは、個人的には嬉しい。

(2003.3.18掲載)

Copyright (c) 2003 Art Village All rights reserved.