web展評
new1.30
 web展評 目次

入院して儲かった!?
大阪市立大学医学部附属病院
小児科病棟プロジェクト2003‐アートもクスリ‐
         本プロジェクト関連ホームページ
         http://home.p05.itscom.net/all/
文●ゴウ ヤスノリ
(aLL代表、ワークショップ・プランナー)






 一般に病院や入院患児の日常は単なる治療の場であるとか、非日常的な空間としてネガティブに捉えられがちである。しかし近年、彼らにとってそこはむしろ“一つの地域(まち)”であり“生活の場”であると考えられるようになってきた。本プロジェクトでは入院患児らの日常にアートプログラムを導入し、アート的な視点によって医療現場に対するネガティブな先入観を取り除き療養環境の改善を試みた。この試みを通じ患児らのQOL(生活の質、命の質)の活性化、健全な心身の育成の援助を目指した。昨年4月から9月まで行われた前期アート・プログラム「そちらの空はどんな空?とおいお空のこうかんにっき」(企画:ゴウヤスノリ)を中心にリポートする。


●“アート”による“療養環境の改善”


 誰もが一度はお世話になったことのある病院。入院生活を送っている子ども達にとって、そこはまさに“異空間”。治療やリハビリで過ごす辛く不安な日常にアート・プログラムを持ち込み、療養環境を変え、少しでも楽しく過ごしてもらおうと、医療従事者・病院職員、アーティスト、ワークショップ・プランナーが連携し、大阪市立大学医学部附属病院小児科病棟プロジェクト2003(前期アート・プログラム:2003年4月〜9月、後期アート・プログラム:10月〜2004年3月)を立ち上げた。合い言葉は「入院して儲かった!!」。せっかく入院したのだから何か得をして退院してほしい、そんな願いが込められている。
 病院でのアート活動というと、「治療」や「癒し」を目的としたものが多いが、今回のプロジェクトは、あくまでも「療養環境の改善」である。ともすると一方通行的になりがちなこうしたプログラムにおいて、本アート・プログラムは継続的に行い、一過性の取り組みでは得難い参加者との結びつきや新たな環境の創出を目指し、結果ではなくそのプロセスを重視した。そのため今回は前期・後期それぞれ半年間という長期に渡るプログラム作りが必要となり、その都度状況を判断しプログラムの改善・修正を行った。勿論、プログラム実施中の子ども達の健康状態の把握、管理は医師や看護師など医療従事者が担った。

●イタリアと大阪をつなぐ「空の交換日記」

 大阪市立大学医学部附属病院(大阪市阿倍野区:以下市大病院)の小児科病棟は建物の17階にあり、まわりをぐるりと窓ガラスに囲まれた実に見晴らしのいい環境である。真下には大阪の街が広がり、真上には大きな空が広がっている。入院という閉じられた生活を強いられ、外にでられない子ども達にとって病室の窓から眺める“空”はいつもそこにあり、唯一外とのつながりを感じさせてくれる存在である。前期アート・プログラムでは、イタリア在住のアーティスト・廣瀬智央と子ども達がお互いに生活する場所から見える空を写真に撮り、半年間かけて交換した。いわば「空の交換日記」。しかし、日記とはいうもののあえて手紙など言葉による情緒性は排除し、写真交換というヴィジュアルのみに集約した。空だけのイメージの中で自由に空想の世界にひたってもらうためである。空を見つめ、写し、送り、送られてくるのを待つ。お互いに顔は見えないけれど空だけがたんたんとつないでいくのだ。
 今回、プログラムに参加したアーティストの廣瀬は、約10年前からイタリアに暮らし、「旅」や「移動」をテーマに嗅覚や触覚に訴える作品を制作している。海外での展覧会も多く、その度に飛行機の窓や地上から空の写真を撮り「世界の空シリーズ」としても継続的に発表している。今では数千枚にのぼる空の写真があるとか。毎月2回、イタリアから世界中の素敵な空が大阪の子ども達に届いた。

●空なんて何も変わらへん!?

 初め「空なんて何も変わらへん!」といっていた子ども達。しかし、毎月廣瀬から届く世界中の空の写真を見るにつれ、その色の美しさやユニークな雲の形の数々に徐々に魅了され、空に対する意識が変化していった。毎日病室の窓から見えている大阪の空も、遠く離れた廣瀬の空と同じように朝、昼、夕と刻々と変化していく。面白い形の雲や美しい空色を発見するたびに、病棟や病室の窓ごしから空に向かって一生懸命にシャッターを切っている姿が見受けられた。小さな子ども達の目線で撮った空の下には少しだけ大阪の街が写り込んでいる。病室の窓の前に張られた鳥除けのネットごしに写された雲は、まるで網につかまったようにも見える。子ども達の撮る写真で最も印象的なのが真っ赤に染まった夕焼け空。4才の女の子が撮った写真には、いつもきれいな夕日があった。廣瀬もイタリアに送られてくる子ども達の空の写真を見て、「毎回写真の腕前が上達しているね」とコメントをくれた。

●空で遊ぶ「そらいろカフェ」 

 今回のプログラムでは、空の写真を交換するばかりでなく、空にまつわるいろいろな遊びや作品作りが楽しめる「そらいろカフェ」を毎月第2、第4木曜日の午後2時〜5時までの間17階の小児科病棟内にあるプレイルームと食堂にオープンさせた。病院も一つの街とするならば、そこには人々が集い、お話をして帰っていく「カフェ」のような場所があってもいいのではないか、そんな発想から誕生した。子ども達の体調や治療スケジュールにあわせ、来たいときに来て、帰りたいときに帰るシステムになっている。また、カフェであるから、病室からでられない子のためにベッドサイドまでアート・プログラムの出前も行った。もちろんカフェには店長がいる(実は、このテキストを書いている私、ゴウヤスノリが店長である)。
 カフェに来た子ども達には、毎回廣瀬から届く空の写真が1枚プレゼントされる。お気に入りの1枚を指さしては、当たりますようにと念じながらクジを引く。写真をもらうと写された空の場所を地図で探したり、空の周りの風景を想像してみたりする。その他、プログラムの書かれたカフェのメニューの中から好きなものを選び、カフェのスタッフと一緒に遊ぶ。雑誌やチラシの中から空の写っているページを探して切り抜いて集めたり、空の絵を描いたり、空の俳句を詠んだり。時には特別メニューとして、空を飛ぶ物を作りみんなで飛ばして競争も行った。

●子ども達の空から生まれた新しい作品

 子ども達から送られてくる空の写真を見て廣瀬からもメニューの提案があった。それは「積み木の街を作ってみませんか」というもの。子ども達の写真に小さく写る大阪の街がまるで積み木のようだといって、廣瀬は作品作りの際に出た木片をイタリアから多数送ってくれた。早速、木片をいろいろに組み合わせ色を塗りかわいらしい街がたくさん出来上がった。大阪らしく「グリコの看板」や「通天閣」も登場した。
 カフェには、毎回たくさんの子ども達がやって来てにぎわいを見せた。ある日カフェの常連でもある長期入院の女の子が、店長である私のそばに来て、カフェのスタッフとしてお手伝いをしたいと申し出てきた。快く受け入れ、この日以来彼女はカフェスタッフとして誰よりも早くやってきてせっせとお手伝いに精を出した。こうした参加者の意識の変化を通じ療養環境改善の成果の一端を垣間見た気がした。廣瀬の空の写真も回を重ねる毎に増えていき、最終的には240枚もの空が届いた。小児科病棟のいろいろな人にも見てもらえるよう、病棟の壁にも貼りだした。写真の前で立ち止まる子ども達の保護者や病院スタッフ。そこには病気以外の話題の新たな会話が生まれた。
 「そらいろカフェ」の最終日には、廣瀬がイタリアから子ども達に会いにやってきた。廣瀬と子ども達の初対面。ちょっと緊張ぎみの子ども達。でも、そう簡単には会えない。覆面をした廣瀬が3人登場したのだ。誰が本物の廣瀬かを当てるゲームである。いろいろな質問の後、本物の廣瀬が登場しみんな大喜び。今までもらった写真にサインをしてもらったり、握手や記念撮影をして最後のカフェも大いに賑わい楽しく終了した。

●院内初の展覧会

 半年間継続して行われた前期アート・プログラムの過程や成果を一般の方たちにも知ってもらおうと、2003年9月25日〜10月10日まで院内で展覧会を行った。展示場所は、1階のエントランスと3階の小児科外来待合い。市民に向けて展示公開することで、病院と市民との結びつきを築き、病気や障害を持つ子ども達が社会に受け入れられていく過程を支援していくことが大きなねらいである。病院内で展覧会をやることは、市大病院にとっては初めての試み。そのため病院サイドからの要請で、初の試みを成功させるためにもあまりにも多くの方々が来場すると他の患者や院内職員たちの日常業務などへ支障をきたし混乱が生じる恐れがあることから、プレス活動やパブリケーションが比較的押さえぎみとなったことは残念である。しかし、病院長他、病院庶務課・小児科医局をはじめとする組織の様々な部署がバックアップを受け持っていただいた結果、大きな混乱も無く、展覧会へは診察待ちのお子さんや保護者の方、入院中の他の科の患者さんやその家族、医療従事者や事務職員などたくさんの方たちが訪れた。いつもとは違う外来の雰囲気にちょっととまどいながらも「そらいろカフェ」の様子を伝えるドキュメント写真や子ども達と廣瀬の作品、そして半年間交換してきた空の写真を見ながらいつのまにか見ている人には笑顔があふれていた。アートという前提で取り組んだ以上アート・プログラムはなんらかの批評の対象にならなければならない。展示に際しては、子どもの作品展にありがちな学芸会のような展示をさけ、病院という特殊性(ライティングや壁の状態など)に苦慮しながらも極力アート関係者などのプロが見ても納得してもらえる展示を心掛けた。院内外での評判も上々だったことから批評に耐えうるプロジェクトの成果が得られたものと考えている。
 辛く厳しい入院生活を送っている子ども達にアートで何ができるのか、そんなアートの可能性を探る実験的な試みは始まったばかり。アートが子どもたちの入院生活に潤いを与えてくれる“クスリ”になってくれれば幸いである。
 尚、後期アート・プログラムはアーティストの飯田紀子が企画担当し、アニメーション作家の松本力、建築家の岸健太が参加し、病室のベットを囲む「カーテン」をテーマに3月まで展開中である。















 「そらいろカフェ」の店長(ゴウヤスノリ)が、毎回廣瀬さんから送られてくる世界の空の写真をみんなに紹介します。この中から1点くじ引きでカフェに来た子ども達に写真がプレゼンとされます。

















 子ども達にカメラを貸し出し、気に入った空をみつけると病室や病棟からシャッターを切ります。大阪の空は薄曇りの日が多いのですが、毎回子ども達の写す写真には、美しい夕焼けの空がありました。















  廣瀬さんも子ども達と一緒にそらいろカフェに参加しました。
子ども達は、いままで集めた空の写真にサインをしてもらったり、握手をしてもらい非常に興奮した様子で、本人との対面を喜んでいました。














 そらいろずし
「そらいろカフェ」に参加してくれた子ども達の中から偶然誕生した作品。白い紙をまるめてシャリに見立て、雑誌の切り抜きをネタにしています。小さな職人さんたちがつくった本物そっくりのお寿司です。






















メールプロジェクト
(大阪市立大学医学部附属病院、2003)
イタリアの廣瀬さんと大阪のみなさんをつなぐ作品。ポストカートに空を旅させるもので、廣瀬さんのオリジナルポストカードに住所を書いて会場に設置されたポストに投函すると、展覧会終了後にみんさんの手許にイタリアからポストカードが返送されてきます。













そらのこうかんしゃしん
空の交換日記「大阪へ、イタリアへ」
廣瀬さんと子ども達が半年間交換してきた空の写真


Copyright (c) 2003 Art Village All rights reserved.