・掲載に関しては審査があります。掲載する方には、ご連絡します。
・掲載にあたり、投稿であることを明記します。

・お気軽にご応募ください!


●文字数: 1600字〜2000字程度 (原稿用紙3〜4枚)

●タイトル: 評論にはご自分でタイトルをお付けください。(展覧会名ではなく評論タイトル)

●データ: 展覧会名、作家名、展覧会期日、展覧会開催場所(住所・電話)、作家経歴、投稿者の職業などを評論文とは別に記載し添付してください。

●期限 今後はweb版で展評も掲載します。基本的に投稿原稿は締切日を設けずに募集します。随時アップしますので、ご応募ください。

●応募資格: 美術を愛する人なら誰でも可。職業や年齢は問いません。

●作品写真: ひとつの評論につき2点くらいを添付してください。当面はweb用のため、メールで画像データを送っていただくのがベストです。紙焼きetcの場合は郵送してください。

●作品写真クレジット: 作家名、作品名、サイズ、素材、制作年を記入してください。

●写真返却: 作品写真返却ご希望の方は、お手数ですが返信用封筒(返却先明記)を同封してください。使用後約2週間程度で返送致します。返信用封筒のない場合は返却できない場合もありますのでご注意ください。

●応募形式: できるだけE-mailにテキストファイルの添付でお願い致します。フロッピーディスク、または手書きなどの郵送でも結構です。

●校正: 掲載する原稿の内容は変更しませんが、文字(数字やキャプションの表記など)は編集方針に統一させていただきます。文字校正は編集部に一任願います。

●謝礼: 基本的にはありませんが、本誌掲載の場合は掲載誌などを送らせていただきます。展覧会の招待券etcを開催時に合わせて後日お送りする場合もあります。

☆お問い合わせはこちら

『てんぴょう』TOPへ  アートヴィレッジ・本TOPへ