『てんぴょう』006号
Nagi Project 2000
●インタビュー 
時代の表現者たち
太田三郎 Saburo Ota
文○赤星千春
白く薄い和紙に透けてみえる、ぽっくりと小さな植物の種。太田三郎さんの切手作品がポストに届きました。ハガキの、本物の切手のとなりに貼ってあって、郵便局の消印も両方にまたがって押されています。なかの種をとりだして土に播いたら、芽を出すでしょう。消印は時間と場所をしるす存在の証明です。(本文より)


Seed Project fromHyogo2000

●特別企画 美術評論家にアンケート

「あなたの考える美術評論(家)とは?」 
「今後どのような評論活動をしていきますか?」
編集部から上記二つの質問を評論家の方々に送りました。回答のあった21名の方のアンケートを紹介します。
田中日佐夫、南條史生、ヨシダ・ヨシエ他

●NEXT LEVEL Vol.5
文○松浦良介
岩熊力也 Rikiya Iwakuma
 「空洞を空洞のままに描く」
鵜飼容子 Yoko Ukai
 「でも、私は絵を描いてるじゃないですか」

●展評 PARTT            

展覧会    
四谷シモン   日夏露彦 美術評論家
纐よう子
障碍の茶室
山口洋三 福岡市美術館学芸員
NOKO PROJECT 吉田 浩 美術ジャーナリスト
横山博之
松尾暢
南嶌宏 美術評論家
小橋川秀男 浅野春男 沖縄県立芸術大学教授
ガーデン 安達一樹 徳島県立近代美術館学芸員 四谷シモン
「ナルシシズム」1998
伊東敏光 大井健地 広島市立大学教授
佐々木秀明 吉崎元章 札幌・芸術の森美術館学芸員  
池田 緑 梁井 朗 北海道新聞記者
杉村英一 六岡康光 美術ジャーナリスト 
涌井一朗 大倉宏 美術評論家
藤井一範 寺田幹 北日本新聞社文化部記者

平間至 和田浩一 宮城県美術館学芸員
母袋俊也 石川健次 毎日新聞学芸部記者
トーマス.シュトゥルート
ホンマ.タカシ
高石ゆみ 美術ライター
N291
岩城直美
渋沢和彦 産経新聞文化部記者
立川国際芸術祭2000
真島直子
光田由里 松濤美術館学芸員
大友洋司・河内孝夫 中村隆夫 美術評論家  
荒牧陽一郎・石丸康生 中野中 美術評論家  
アートポート
染谷亜里可
井上昇治 中日新聞記者         
桑原弘明・橋伸行 原沢暁子 名古屋市美術館学芸員
尹熙倉 李美那 静岡県立美術館学芸員
上野政彦・麻谷宏 太田垣實 京都新聞論説委員
山部泰司 尾崎信一郎 京都国立近代美術館主任研究官
河崎晃一・田中慎平 安黒正流 美術ジャーナリスト
樹霊三人展 天野一夫 京都造形芸術大学助教授
ナビ派と日本展 大倉宏 美術評論家
児玉希望 大井健地 広島市立大教授 児玉希望「室内」1952
長谷川利行 ワシオ・トシヒコ 美術評論家

●キャンパス素描  
東京造形大学 美術学科彫刻専攻4年 洞田和伸
文〇日野嗣士

●満つる刻
−現代を駆け抜ける老境の作家たち−
桜井浜江
文〇藤田一人

●画廊物語6

SCAI THE BATHHOUSE(白石コンテンポラリーアート)
白石正美
写真・文○阿部稔哉

●公募団体展展評 


●展評 PARTU投稿編 

伊賀美和子
   日野原公路   ライター
NAW展in大須  日沖 隆      
美術評論家
井上廣子    坂上義太郎   
伊丹市立美術館学芸員
安久一郎    寺地亜衣    
金沢美術工芸大学1年
二宮圭一    キムラ・チノワ  
嘱託職員

●トピックス 
○虹の美術館
○神戸アートアニュアル2000 裸と被−raとhi−
○取手アートプロジェクト2000「家・郊外住宅」
○検見川送信所2000
○アートボックス大賞とアートスクール生徒
募集
○ニカフ2001の見どころ

←backnumberへ戻る