教 育 再 生 は 家 庭 か ら!








子どもは茶の間で育つーー教育再生は家庭から  
棚橋嘉勝著
                 
 定価: 1400円(税込) 送料300円
 版形: 四六版 188ページ 
 
発行: アートヴィレッジ

        2010年12月

数量  

アートヴィレッジ書籍一覧からのご注文はこちら


  元校長が
  教育における
  家庭の重要性を問う

          (棚橋嘉勝:元郁文館学園校長)


  目次

      はじめに
 
 1   茶の間からの教育改革を
   2   親子の絆をしっかり
    3   育児と母親の役割
     4   子どもが育ちにくい社会
       5   父親のあるべき姿
         6   
子どもにとって父親とは
           7   祖父母の役割も大切
                
8   子どもを話好きにするには
        
    9   携帯電話は警戒電話
      10   親の期待を押し付けない
         11   子育て文化の継承を  
            12   あまえ子育てのすすめ
                13   
本好きの子どもに育てよう
                    14   物語で心を豊かに
                         15   自然から学ぶ命の大切さ
 
           16   子どもの上手なしつけ方
              17   生活のしつけ、社会のしつけ
                 18   子どものしかり方
 
                   19   きれいな言葉遣いを教えよう
                       20   
おはようございます、いただきます、ありがとう
                         21   もったいない
   22   
もっと遊びを
       23   仕事とは何か教えよう
         24   子どもがいじめにあったら
           
25   食の基本はご飯に味噌汁 
               26   家庭で子どもの宗教性を養う
                                                  おわりに






 現在、残念ながら「家庭」そのものが崩壊して
いるのではないでしょうか。

国や地方自治体が家庭のしつけを見直し、その具体策などを
提案していますが、子どもの教育は、本来、

家庭が中心となって行われるもので、
外部からとやかく言われるものではありません。

親が真摯な愛を持って
自ら取り組んでいくべきだと思います。

(「はじめに」より)


アートヴィレッジの本、一覧はこちら   アートヴィレッジHOME

東京都中央区京橋1-6-7京橋高野ビル2F  アートヴィレッジ
TEL:03-6228-6581 FAX:03-6228-6582
Copyright (c) 2010 Art village All rights reserved.