イングランドから日本、フットボールの旅路
     



物心ついたときからフットーボル漬け。
そして、仕事はフットボール・ジャーナリスト。

世界を駆け巡り、約40カ国を取材した中、
なぜ日本サッカーに惚れこんだのか?

イングランドと日本、両者を比較しながら、
日本サッカーの未来像を描く著者の
書き下ろしエッセイ。



●著者: ジェレミー・ウォーカー
       (スポーツジャーナリスト)

●定 価: 1620円(税込)

●サイズ: 四六判 248ページ

●発 行: アートヴィレッジ 2009年1月


 ●
アーセン・ベンゲル特別寄稿

「ジェレミーは私に日本の魅力について教えてくれた。再会するたびに、フットボールや日本の成長について語り合うのを楽しみにしている」
「アーセナルFCトレーニング・グランドから」より、巻頭収録



 ●
イビチャ・オシム特別インタビュー

「サッカー文化の中で成長していく世代を育てていかなければならない。選手や監督に限らず、サポーターや新聞記者、テレビの人間も含めてだ」
「伝統を築くのに近道などない」より、巻末収録



  

数量  

アートヴィレッジ書籍一覧からのご注文はこちら
*ブラック&ホワイトであることの光と影 --フーリガン全盛期1

*流血と苦痛の代わりに3つの幸せ --フーリガン全盛期2

*4つの危機一髪 --フーリガン全盛期3

*心優しきいたずらっ子、ポール・ガスコイン

*アーセン・ベンゲルは日本へ戻ってくるのか?

*トルシエ、ジーコ、オシム--それぞれの功罪

*ヒデ、伸二、俊輔をイングランドのスターにたとえると?

*イングランドと日本の通信簿

           (目次より)
ットボールと恋に落ちて結婚した男が、日本へたどり着いた。

そして、ついに日本サッ週間サッカーマガジンにコラムを連載している筆者の、

フットボールの本場イングランドと、

成長著しい日本についての書き下ろしエッセイ


アートヴィレッジの本、一覧はこちら    アートヴィレッジHOME

東京都中央区京橋1-6-7・2F  アートヴィレッジ
TEL:03-6228-6581 FAX:03-6228-6582
Copyright (c) 2012 art village  All rights reserved.