あなたのお子さんを 「学校の識」 から救い出しませんか?

   
      衝撃の問題作!!

事件続出の世相に
       
   
いま最も“”な本
信じ難い非常識がまかり通る  

            
“学校”
                
 著者: 長谷川 潤 大阪府枚方市立桜丘中学校教師
 
定価: 1620円(税込)
  サイズ: 四六版 256ページ
 
発行:
 アートヴィレッジ
   (送料300円)

数量  

アートヴィレッジ書籍一覧からのご注文はこちら

   ●威厳を無くし友達になって喜ぶ教師たち

   ●不登校の多くの怠学生徒は、犯罪予備軍足腰の痛さを笑顔で隠し

   ●わざわざ露骨な性教育をする教師たち

   ●体罰禁止で付け上がる生徒たち

   ●絶対評価で学力低下

   
●総合学習は時間の無駄遣い

   ●6・3制義務教育は制度疲労を起こし、不登校児を多発させている


CONTENTS


まだまだ起きる少年犯罪(プロローグ)


   「金もうけ」よりも「人づくり」、大手営業マンから一人の教師へ
   定刻に帰る教師たち…日教組でなければ教師にあらず?
   嫌がらせは覚悟のうえで本書を執筆
   あなたこそ罪人だ! 「進歩的文化人」
   「識者」は少年の実態を知らない

第一章 これが現実だ! 私が闘っている「学校」の日々

   1%でも十一万人の問題児がいる
   教壇を取り払い、友達になってしまった教師たち
   火炎ビン学生が「教師」になった!…名実ともの「戦後」
   行進できるのは高校野球くらい!?
   「生徒が苦痛を感じたらそれは体罰」?
   なだめて授業を始める、なんという時間の浪費!
   「子供のために」…思いっきりのわがまま
   言ってはならない「男のくせに」
   「起立!」「礼!」で座ってしまう挨拶のできない生徒たち
   したい放題の落書き、お子供様
   叩く、壊す、報知機が鳴る…
   不登校を増やしたのは過保護だ!
   「怠学」生徒が集団化し、犯罪予備軍へ
   革命的発想!子供の「自己決定権」
   キレて半狂乱、しかし処罰なし
   不良行為、その基本用語
   くわえたばこで職員室へ
   深夜にうろつき、性犯罪へ
   七十万人のうち三十万人が補導される街、大阪!
   仕返しが怖いから「階段から落ちた」
   「金」が絡んで犯罪に
   教師いじめ、この実態!
   「うっといんじゃ!」「殺したる!」…少ない「逮捕」の陰に無数の犯罪
   学校が待ち合わせ、ヒマつぶしの場に
   わずか十数名の悲惨授業
   「無断外泊」は「家出」でない?
   過半数が「やったことがある」万引き…初発型
   公園で引ったくりの練習
   殺人だって犯しかねない!
   人を殺して平然と食事…

第二章 少年凶悪犯罪はこうして連鎖した!

   「礼儀正しい」小学生も人を殺す…知られざる「尼崎事件」
   朝日新聞のしたり顔論説…酒鬼薔薇事件 -異常少年犯罪の原点-
   ウソッパチの「理解」と「同情」
   しかし共感する生徒も数万人
   法改正の隙間に起きた悪夢…西鉄バスジャック事件
     -酒鬼薔薇の亡霊が復活した
   犯人の悠々自適生活
   失望! なんと愚かな審判
   しかし、被害者が加害者に共鳴した!
   小学校の校庭で惨殺…京都事件
     -聖域たる小学校の安全神話が崩壊した-
   神戸事件の冷酷さを模倣
   暴行を黙って見ていた中三女生徒…沖縄事件
   まさかの十二歳…長崎事件 -すべての乳幼児が性犯罪の対象になった-
   生徒の感想文(一例)
   一般人の常識、進歩的文化人の非常識
   進歩的文化人よ、統計を見よ。少年法改正に抑止力はある
   「犯人を責めて何が生まれる」という犯罪への是認
   被害者の両親の叫びを聞け!
   慨嘆のみで具体策のないマスコミ
   犯人は「理不尽な少年法」を知っていたか?
   刑事責任年齢を十二歳まで引き下げよ!
   「君には黙秘権がある」? 事件は「戦後教育」の必然的結果だ
   なぜ殺害?
   少年にとって「弱者」は男だった!
   もはや小学生も性逸脱社会の例外でない…渋谷事件
   「テレクラ」が性犯罪を低年齢化させた!
   悪いのは「買う」男だけでない
   悪法だ!男女共同社会参画基本法!
   とんでもない!ジェンダー・フリー

第三章 諸悪の根源「戦後狂育」

   ソ連・中共を礼賛し続けた教師たち
   「親の権威」を否定した戦後教育
   「わが子殺し」あっての「親殺し」
   まやかしだ!「共感」と「理解」
   生徒は不完全だ!未熟だ!甘えさせるな!
   何をしても大丈夫!?
   イデオロギーに利用された「こどもの権利条約」
   ついに無政府状態に…
   親もまた戦後教育を叩き込まれた
   謝ってしまう教師、権威を失った父親
   母が愛人と同居!?
   地域は精神的過疎地帯
   注意すれば「アホ!」「死ね!」
   「非行」さえ存在しない教育白書
   まじめな生徒に潜む悪魔性
   不毛の対立ばかり
   こんな酷い冊子を文科省が配った!
   わざわざ性交を教育
   耐えられるか!? コンドームの付け方を教えられるわが子!
   ウソのすすめ、日本国憲法
   黙秘権こそ不健康だ!
   「道徳」教育は事実上行われていない
   あやまちをよい行動でぬぐい取れ!
   有意義だった職業体験
   「マンギョボンゴ」が教える社会矛盾


第四章 だが私は諦めない! -教育再生への道-

   戦後教育は「徳治」をぶち壊した!
   「責任は私にある」と誰も言わない…「修身」こそ取り戻すべき
   家庭に母の愛と父の厳しさを…「斉家」
   よい親を演じるな、嫌われるほど厳格な父親たれ!
   「六・三制」では低学力生徒は付いていけない
   四・三・三制で三年は準義務教育に
   「総合」「選択」を全廃せよ!
   メ日教組ヤ化した文部科学省の愚…週休二日制
   小学生に英語!? その前に「国語力」の不足!
   問題児はあえて力で抑える!
   体罰禁止条項を廃止せよ
   「絶対評価」が公立高校をつぶす
   絶対評価とは教師の「主観評価」だ
   教師は手抜き、保護者には意味不明
   容姿端麗の子は「五」?教師の数だけ評価基準がある愚かな絶対評価

エピローグ

   邪魔な家族は皆殺し…河内長野事件の犯人心理
   幼児性個人主義…わがままの自己増殖
   まだ救いはある、少なくとも私の教え子は正常だった
   谷深ければ、山高し (あとがきに代えて)

アートヴィレッジの本、一覧はこちら   アートヴィレッジHOME

東京都中央区京橋1-6-7・2F  アートヴィレッジ
TEL:03-6228-6581 FAX:03-6228-6582
Copyright (c) 2012 art village  All rights reserved.