エ ジ プ ト と 日 本
水野清一、長廣敏雄著『雲岡石窟』
へささげるオマージュ

著者: 大山みどり
定価: 1620円(税込)
サイズ: A5版 262ぺージ
発行: アートヴィレッジ

(送料300円)

数量  

アートヴィレッジ書籍一覧からのご注文はこちら

 この本に書いてみたのは、この大きな刊行物に魅入られた一人の旅人が、このご研究から受けた印象と疑問を記してみたものに過ぎない。大冊一五巻の写真を眺め、論文を読ませていただき、現地を訪問し、心に浮かぶ事を記させていただいた。とりとめのない形であるけれども、私なりの『雲岡石窟』賛歌のつもりである。(本文より)


                    
* * * * * * *


 雲岡石窟の影響と思われる事以外に、エジプトがルーツではないかと考えられる事象も多い。日本の仏教伽藍が一直線上に建てられているのは、エジプトのピラミッド寺院の一直線上の構成の影響ではないだろうか。
 法隆寺の橘夫人厨子、玉虫厨子も、エジプト新王国時代のツタンカーメンの厨子が伝えられたのではないだろうか。仏足石も、エジプトの足の形への尊敬からくるのではないだろうか。(本文より)


Egypt and Japan
アートヴィレッジの本、一覧はこちら   アートヴィレッジHOME

東京都中央区京橋1-6-7・2F  アートヴィレッジ
TEL:03-6228-6581 FAX:03-6228-6582
Copyright (c) 2012 art village  All rights reserved.