これは風というよりも言葉だ



小説

美しい刻

  ●著者:加 藤 隆

  ●サイズ: 四六版 208ページ

  ●
定価: 1575円(税込)

  ●発行: 2013年 11月


         (送料300円)

数量  

アートヴィレッジ書籍一覧からのご注文はこちら

2056年。この世を去った人々と交流が可能になっていた。


内村鑑三、クラーク博士、新渡戸稲造、宮沢賢治、白洲次郎、レーチェル・カーソンが一堂に会し、壇上でシンポジュームが開かれる。
そのテーマは「教育の光と影」。


時空を超えて繰り広げられる、感動のドラマ!!

 

これは風というよりも言葉だ。


今度は私にもはっきりとこの言葉を聞き取ることができた。
「私の愛する子、生きよ! 生まれよ」
また、一陣の風が吹くと、
「私の愛する子、生きよ! 生まれよ」
また、一陣の風が吹くと、
「私の愛する子、生きよ! 生まれよ」
風は途切れることなく吹き続いていた。 (本文より)


アートヴィレッジの本、一覧はこちら   アートヴィレッジHOME

Copyright (c) 2013 art village  All rights reserved.