アートヴィレッジの本・機能不全家族など


HOME お知らせ ご注文方法 お問い合わせ


             --お知らせ--


現在の宗教団体やニューエイジが、ジャンルを問わず、組織の在り方や活動に、様々な矛盾を抱えているのは事実である。布施・献金の集め方、社会からの内閉化などの諸問題について、真摯な反省が必要であることは否定できない。くわしくは⇒日本宗教の闇 (2017年4月発行)


赤ちゃんは「産ませる」ものでも、「産ませられる」ものでもありません。赤ちゃんは自然の流れの中で「生まれてくる」ものなのです。豊かな人生のはじまり。くわしくは⇒いいお産とは (2017年3月発行)


神戸を代表する喫茶店。にしむら珈琲店。珈琲の香りに包まれて、日々たくさんの物語が生まれるこの店の歴史と魅力をたずねることができる一冊。飲食業や接客業に携わる方たちにもお勧めしたい。⇒神戸っ子の応接間 (2017年1月発行)



世の中の問題も、自分の問題も、家庭の問題も、あらゆる問題の原因は一つです。それは自分を受け入れていないこと……。
だから『自己受容』がすべてを解決します。
『自己受容』くわしくは⇒自己受容 (2016年9月発行)


身体と心の健康は家庭の食卓でつくるもの食想う心』くわしくは⇒食想う心 (2016年7月発行)


お客様心理がポイント!!必ず売れる!販売トークの極意』くわしくは⇒必ず売れる!販売トークの極意 (2016年7月発行)


セルフ・サジェスション入門心が変われば道は拓ける!くわしくは⇒セルフ・サジェスション入門 (2015年12月発行)


鬱は病気ではありません!鬱は希望への健全なジャンプ台なのです!くわしくは⇒鬱は希望へのジャンプ台 (2014年2月発行)



*『五臓六腑の機能を高める!!五臓元氣功』が発行されました。導引養生功日本総本部会長張玉松氏の詳細な解説があり、DVDも付いています。くわしくは⇒五臓六腑の機能を高める!!五臓元氣功 (2013年2月28日)




「自然の力とともに生きるー健康は手作り料理と家族団らんにあり」が発行されました。自然療法で知られる東城百合子氏の「あなたと健康社」代表の著者が、自然の流れに沿って生きることを綴ったエッセイ。回り道してきた自らの体験と相談室へ来た方々の病気克服記などが満載されます。くわしくは⇒自然の力とともに生きる (2013年2月10日)




*『Venice(ヴェニス)現と夢の間 松井ヨシアキ作品集』が発行されました。松井ヨシアキ氏のヴェニス滞在の記録。松井ヨシアキ画集の第三弾でもあります。情緒あふれる油彩、パステル画など。くわしくは⇒(ヴェニス)現と夢の間 松井ヨシアキ作品集(2012年11月21日)





*『気張りもんそ第2巻西郷隆盛の生涯」が発行されました。西郷隆盛と日本の歴史を洞察力で捉えた稀代の小説としてたいへん注目されています。西郷の3年に渡る大島滞在から帰還、薩英戦争までを描いた第二巻の完成です。くわしくは ⇒ 気張りもんそ第2巻西郷隆盛の生涯(2012年8月21日)





*『自分磨きは姿勢から 体操とブログで綴る私らしさ』が発行されました。4人の子育てをしながら体操教室スタジオmother'sを主宰する著者(HIROKO)が、まずは姿勢から毎日取り組める日々の体操をブログのエッセイとともに紹介します。くわしくは ⇒ 自分磨きは姿勢から(2012年7月25日)




『攻め切る 指揮官西野朗の覚悟』が発行されました。日本サッカーで最も注目される監督、西野朗の初単行本となります。著者:戸塚啓がJ1通算239勝を成し遂げた西野朗の「攻め切る」力の詳細に迫ります。写真多数。くわしくは ⇒ 攻め切る 指揮官西野朗の覚悟(2012年6月6日)




『やらなあかんことはやらなあかんのや!』が発行されました。元大阪商業大学サッカー部監督・現総監督、全日本大学サッカー連盟顧問である上田亮三郎氏が監督としてサッカーを語りつくしました。くわしくは ⇒ やらなあかんことはやらなあかんのや!(2012年1月19日)



『国を護り人を救う佛教』が発行されました。仏教の根本理念は衆生救済と考える著者の、国難の今こそ世に問う1冊です。くわしくは ⇒ 国を護り人を救う佛教(2012年1月5日)



『心がもっと軽くなるー心療内科医(おいしゃさん)と話そう』が発行されました。心療内科医(医学博士)の菊川豪氏が、日々患者さんと向き合う中での率直な思いと愛情がギッシリ詰まった、役に立って心の温まる手引書です。くわしくは ⇒心がもっと軽くなるー心療内科医(おいしゃさん)と話そう(2011年11月11日)


「中島みゆき 絶対矛盾的自己同一の世界」が発行されました。中島みゆきの歌に隠された奥深い宗教性、そして恋歌の真実とは? 著者渾身の第二弾です。くわしくは ⇒中島みゆき 絶対矛盾的自己同一の世界  (2011年9月22日)




「桜沢如一。100年の夢。」が発行されました。いまや世界に広がるマクロビオティックですが、その創始者である桜沢如一については、意外と知られていません。病める現代人が立ち返るべき原点とは? くわしくは ⇒桜沢如一。100年の夢。  (2011年9月22日)




「病気・震災・105キロ」が発行されました。病気のデパートと呼ばれた著者が41歳でサッカーをはじめ、今や奇跡のフットサルプレーヤーとなり、病気だらけの人生を振り返ったいわば「役に立たない医学書」です。くわしくは ⇒病気・震災・105キロ (2011年8月10日)




「マナラ・タ 主よ、来ませ」が発行されました。靖国の神になることを目指した少年は・・・くわしくは  ⇒マナラ・タ 主よ、来ませ(2011年8月1日)


「現代人の有りようを説く『正法眼蔵』 ー道元、思索の軌跡ー」が発行されました。工学博士の著者が長年にわたり惹かれてきた道元と『正法眼蔵』を人類普遍の書として著しました。くわしくは  ⇒ 「現代人の有りようを説く『正法眼蔵』 ー道元、思索の軌跡ー」(2011年6月9日)



水産大学校名誉教授吉澤正大著「日本はこうなったら核武装するしかないな」が発行されました。核武装の正当性が論理的に説かれており、92歳の著者が子と孫の世代に残すことばとして注目されます。くわしくは  ⇒ 日本はこうなったら核武装するしかないな(2011年4月8日)



「花逸話」が発行されました。フローラルアレンジメントの本場オランダで学んだ著者が二十種の花々に秘められた魅惑の物語を紹介。くわしくは  ⇒ 花逸話 (2011年2月25日)



「江の道〜血縁を残した姉妹たちの足跡を訪ねて」が発行されました。NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」で注目される江たちの生涯を関わる53箇所を訪ねた貴重な写真とエッセイの数々が収録されています。くわしくは  ⇒江の道〜血縁を残した姉妹たちの足跡を訪ねて (2011年2月3日)



「先祖を知れば未来が見える」が発行されました。家運を上げるための心構えなど、先祖供養で家運が変わる道が示されます。くわしくは  ⇒先祖を知れば未来が見える (2011年2月3日)



「子どもは茶の間で育つ」が発行されました。校長として教育の現場に立って来た著者の、細やかな視線が感じられます。くわしくは  ⇒子どもは茶の間で育つ (2010年12月21日)



「THE WORLD CUP 1982‐2010」が発行されました。 82年スペイン大会から、ワールドカップを常に取材してきた写真家・清水和良氏による自選写真集。くわしくは ⇒THE WORLD CUP 1982‐2010(2010年8月27日)



「それでも僕は生きてゆく」が発行されました。 アメリカ在住の哲学者が、死に急ぐ日本人に贈る生と死と愛を見つめる哲学小説です。くわしくは ⇒それでも僕は生きてゆく(2010年6月17日)



写真民話「豊潤の里」が発行されました。写真と創作民話でつづられる日本に残したい一冊です。日本人の優しさがあらためて伝わってきます。 くわしくは ⇒ 写真民話「豊潤の里」(2010年5月27日)



詩集「一人天ニ」が発行されました。77篇の詩が収められ、若い作者の気持ちが訥々と伝わってきます。 くわしくは ⇒ 詩集「一人天ニ」(2010年5月27日)



「陽炎の飛鳥ー小説:聖徳太子」が発行されました。時代を超えて敬愛される聖徳太子の生涯を史実に基いて小説に! くわしくは ⇒陽炎の飛鳥ー小説:聖徳太子(2010年4月27日)



「これから和ー賢哲に学べ」が発行されました。古くから育まれた「和」を学び、「和」に生きるべきは今!。「和」で読み解く初めての日本倫理思想史です。くわしくは ⇒これから和ー賢哲に学べ2010年3月31日)


 
「生命を染める画家、絹谷幸二の軌跡」が発行されました。東京芸大美術館にて退任記念展「絹谷幸二 生命の軌跡」2010年1月5日〜19日も開催中です。くわしくは⇒生命を染める画家、絹谷幸二の軌跡(2010年1月15日)


 
「松井ヨシアキ画集、パリの靄(もや)」が発行されました。松井ヨシアキ氏の本格画集の第二弾で、オールカラー144ページの上質な仕上がりになっています。くわしくは⇒松井ヨシアキ画集、パリの靄(2010年1月15日)


 
*事務所移転のお知らせ。アートヴィレッジは文京区湯島から神戸と京橋の二ヶ所に事務所を移転しました。なお書籍のご注文につきましては受注センターを設けましたので、そちらへお願いします。今後ともよろしくお願いいたします。

   〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-7京橋高野ビル2F
   アートヴィレッジ(東京)
   TEL:03-6228-6581 FAX:03-6228-6582

   〒657-0846 神戸市灘区岩屋北町3-3-18六甲ビル4F
   アートヴィレッジ(神戸)
   TEL078-806-7230 FAX078-806-7231

   受注センター
   TEL:078-882-9305 FAX:078-801-0006     
(2010年1月8日)



 
*「息子よ!君のために闘いぬいた、ー死の真相を追究した友田家の物語ー」が発行されました。久留米同僚殺人事件としても知られるノンフィクション。警察の結論が、家族の執念でひっくり返った感動の記録です。くわしくは⇒息子よ(2009年12月10日)


 
書籍のグループに「スポーツ」を加えました。(2009年11月26日)


 
「荒れ地に花は咲く ─サッカーへたくそ少女、なでしこジャパンの飛躍を支える」が発行されました。高校でサッカーを始めた元なでしこジャパンのキャプテン池田浩美さんの初めての書籍です。 くわしくは⇒荒れ地に花は咲く(2009年11月26日)


 
「ダーウィニズム150年の偽装」が発行されました。「種の起源」の発刊から150年経った2009年。ダーウィン進化論は、じつは何であったのか? そして 「インテリジェント・デザイン」運動とは何か? くわしくは⇒ダーウィニズム150年の偽装(2009年9月11日)


 
「おねしょはココロの涙です」が発行されました。症例から、心理療法の効果を示す本として期待されます。くわしくは⇒おねしょはココロの涙です(2009年8月28日)


 
ヤフーで「ベストセラーの予感"大"!」と、イエスの涙が取り上げられました(2009年6月)。さらに8月には「広告や帯だけでわからない本当に面白い本はどれ?」と「イエスの涙」が再び高評価で注目されました。くわしくは⇒イエスの涙(2009年8月28日)


 
「ときには急いでときにはゆっくり」(川上与志夫著)が発行されました。「よく知られた言葉から人生のオモテとウラを探る」というコンセプトで、楽しみながら、ことわざ・格言・名句をじっくりと味わうことができます。くわしくは⇒ときには急いでときにはゆっくり(2009年7月9日)


 
「本気で叱れば人は目覚める」(石原伸司著)が発行されました。あの「夜回り組長」としてテレビ等で有名な著者の「叱れずに怒ってばかりの大人たちに捧げる金言集」と、注目を集めています。くわしくは⇒本気で叱れば人は目覚める(2009年6月5日)


 
「芸術の哲学ー画家がアトリエからー」(岡野浩二著)が発行されました。前著「芸術の杣径」に続いて、アトリエで日々制作に向かう画家ならではの、含蓄のある言葉が「芸術の哲学」として紡ぎ出されました。くわしくは⇒芸術の哲学 (2009年4月27日)


 
旅で出会った絶景・珍景 「ニッポン百景」が発行されました。「ふつうの教師」がカメラ片手に旅をして撮った思わず笑ってしまう、びっくりしてしまう写真集。くわしくは⇒絶景・珍景 ニッポン百景 (2009年4月22日)


 
週刊サッカーマガジンにコラムを連載中のジェレミー・ウォーカー著「Home and Away」が発行されました。イビチャ・オシム氏のンタビュー、アーセン・ベンゲル氏の特別寄稿も収録!! くわしくは⇒Home and Away (2009年2月2日)


 
「書籍のグループに小説・評伝を加えました。東城百合子氏や萬代房子氏、シスター海野等の評伝があります。 (2008年12月10日)

 
「日本人シスターと神父、そしてローマ教皇がヨーロッパと京都を舞台に織りなすダイナミックなサスペンスロマン・・・。「イエスの涙」が刊行されました。くわしくは⇒イエスの涙 (2008年11月10日)



 
「アートヴィレッジの書籍紹介」は、OCNの旧サイトからこちらへ引っ越しました。恐れ入りますが、ブックマークの変更をお願いいたします。 (2008年11月5日)



 
家庭教育カウンセラーとして全国的に活躍されている内田玲子氏による「自分が気づけば何かが変わる」ーあきらめないで子育てーが刊行されました。詳細は⇒自分が気づけば何かが変わる (2008年10月30日)


 
レプタイルクリニック院長による爬虫類ファン待望の書、「爬虫類の病気ハンドブック」、ついに発行しました。カメの家庭医学に続く愛好家必携の書として好評です。くわしくは⇒爬虫類の病気ハンドブック (2008年10月30日)




               書籍全一覧


姉妹サイト『てんぴょう』  アートヴィレッジHOME
Copyright (c) 2010 Art village All rights reserved.