17歳を語る
山口良治



伏見工業高校ラグビー部総監督
発行の趣旨


名作ドラマ「スクール・ウォーズ」の
モデルとなり

NHK「プロジェクトX・挑戦者たち」で
感動を呼んだ

泣き虫先生こと熱血監督・山口良治氏が若者たちの混迷する現代に送る
珠玉のメッセージ


 
 
●四六判 192ページ
    ISBN4-901053-12-4 C0012 /1200E

 ●定価:1260円 (税込) 送料300円
   (財)青少年交流振興協会編


 ●発行 アートヴィレッジ

数量  

アートヴィレッジ書籍一覧からのご注文はこちら


 いいじゃないか、若いから失敗したって。少々ワルをしたっていいよ。いま十七歳は危険な風潮が相継いで、そんな目で見られるけれど、イコールすさまじい可能性を秘めた年代であるわけです。どの子にもああせいこうせいと言わずに「カッコいいぞ!」。「お前中心にこんなチームができるぞ!」。そういう、なにか夢や希望を語ってやることです。
meeting  
  涙割りのビールなんて、飲んだことないやろ。 泣いて帰ったで。 そこで、学ばせてもらった。     
だれのおかげで監督や…。
だれのおかげでコーチや…。

●不を取り除く
●まずは「気にする」こと
●無視しない
●殴ってでも叱る
●矢印は自分に向けよ
●ありがとうと言い合える社会
●勝利は見えない力から
●問題児なんていない
●仲間への思いやりを育てる
●自主性という欺瞞
●夢を持たせる
●一生の付き合い
●何かせずにはおられない
●みんなの喜ぶ顔が見える
●僕の弟だったら、息子だったら
 (目次より抜粋)
   アートヴィレッジの本、一覧はこちら    アートヴィレッジHOME

東京都中央区京橋1-6-7・2F  アートヴィレッジ
TEL:03-6228-6581 FAX:03-6228-6582
Copyright (c) 2012 art village  All rights reserved.